妊娠中は骨盤がゆるんで痛い(><)おすすめ書籍で骨盤ケア

yoga Yoga & Exercise

妊娠中にホルモンの影響と体重の増加によって体の部位に出てくる、さまざまな痛みに、戸惑っている方って多いと思います。妊婦検診で訴えてみても、「よくあること」「仕方ないこと」「産後にはなおるから大丈夫」とスルーされてしまうことも多いと思います。

そういう私も妊娠8ヶ月ごろから、恥骨周辺の痛み、骨盤底筋のだるさを感じるようになりました。さらに尿漏れにヒヤリとさせられ、何とかしなきゃと思うようになりました。残りの妊娠生活中、ひたすら痛みや不調に耐えるだけなんて、しんどいですよね。

書店でいくつか本を買って調べていったのですが、妊娠中から骨盤のゆるみや歪みをケアすることで、お産がスムーズになるだけでなく、産後の体力や体型が戻るのも早くなるということを知り、自分に合う方法でケアをはじめることにしました。

その際に参考にしたおすすめの本を紹介したいと思います。

「安産力を高める骨盤ケア」

おすすめその1。こちらの本です。↓

妊娠初期〜出産本番〜産後に対応した、時期と症状別に合わせた体操方法がたくさん載っている

先輩の助産師さんから代々伝わっている、経験上これが効く!という体操がたくさん紹介されています。行間から、「とにかく信じてこれをやればよいのよ」という自信が読み取れます。

逆子体操や、恥骨痛の体操をいくつかやりましたが、確かに逆子もなおったし、痛みも軽減しました。さすが長年の経験といったところでしょうか(^^)

ベットの上で気軽にできる体操も多いので、お産で入院するときもこの本を持参しようと思います。

また、赤ちゃんが安心する抱き方など、子育てに使える工夫も紹介されていて、産後にも役立つかもです。(まだ産まれていないので試すのはこれからですが)

手軽とはいえ、さらしやタオルを巻いて行う体操は、少々とっつきにくい

昔ながらの経験と知恵に基づくストレッチがたくさん掲載されているため、中にはさらしをまく、タオルを使うなど補助グッズが必要な体操もあります。さらしとか長い布とか、普段使わないので、うまく巻けてるかどうか不安になります(笑)。体を動かしながら、本から目が離せません。個人的にはDVDも付いていれば良いのになぁと思いました。

ただ、体操方法については説明は詳しく書かれているので、きっちり読んで理解ができれば実行可能だと思います。

「産前・産後の筋肉&骨盤ケア」

おすすめその2は、こちらの本です。↓

説明がわかりやすい

産前・産後にやっておくべきケアを症状別に紹介されています。その痛みがなぜ起こるのか、ケアをせずに放置した場合に後々何が起こるのか、をていねいに説明してあるので、あーなるほど〜と腑に落ちながら読みすすめることができます。専門的すぎず、省略しすぎず、入門編として読むのに適していると思います。

骨盤のゆがみのケアよりも、骨盤を支える筋肉群をしっかり鍛えておくことの方が重要と断言してあります。なので筋力アップを重視してケアをしていきたい人には、モチベーションをあげる材料としても、オススメだと思います。

紹介されている体操の数は、上の本に比べて少ない

マタニティ整体のお店をたくさん開いているようで、お店にきて整体を受けてほしい目的?からなのか、自宅でできるストレッチについては紹介数が数が少ないです。

なぜその部位が痛むのか、なぜ早くに改善しておく必要があるのか、という理由や理屈を知りたい人にはおすすめですが、実践にすぐ使えるエクササイズを探している方には不向きと思います。

現在はまだ妊娠後期ですが、どちらの本も産後のケアについても詳しく書かれています。産後の骨盤ケアについては、後日実践してみて、またレポートしたいと思います♪
おすすめマタニティ・ヨガ本についてはこちらで紹介しています↓

マタニティヨガ・おすすめDVD☆妊娠中の体力作りに
妊娠中の体力作りにはマタニティ・ヨガがおすすめです。いくつかマタニティヨガのDVDを試した中で、これが一番と思うオススメを紹介します。

コメント