0歳児を連れて行くUSJ☆チャイルドスイッチを利用して夫婦でフライングダイナソーに乗る

USJ 旅行・おでかけ・グルメ

赤ちゃん連れだけどフライングダイナソーに乗ってきた!

ジェットコースター大好きなあなごです。これまでは富士急ハイランド、ナガシマスパーランドに新しい乗り物ができたらいち早く乗りに行っていましたが、妊娠して子供を持っていてからは行けず…。USJにもスリル満点のジェットコースター・フライングダイナソーができた日から1年以上経ってしまいました(涙)

当分は仕方ないとあきらめていましたが、子供を連れての外出や移動に慣れてきた2018年1月、ついに生後7カ月の赤ちゃんを連れて、ユニバーサルスタジオジャパンに行ってきました!

赤ちゃん連れだと親が乗りものに乗ってる間、誰が子守をするかが懸念だったのですが、友達家族を誘うにも、予定がたてられない赤ちゃんとのお出かけに誘うのも申し訳ないなぁと思い、夫婦だけで行くことに。そして調べてみるとチャイルドスイッチという大人が交代で乗りものに乗れるサービスがあると知り、利用しました。

今回はチャイルドスイッチを利用してフライングダイナソーに乗ってきた時の様子をレポートします。

チャイルドスイッチ利用の流れ

チャイルドスイッチは以下のような流れで利用します。アトラクションによってサービスがあったりなかったりするので、確認してください。

1.全員そろった状態ででアトラクションまで行く

2.アトラクション前にいるクルーにチャイルドスイッチを使うと申し出る

3.クルーに前半組、後半組の人数を伝えて、紙をもらう。

4.後半組は待機場所(外でも可)で待つ、前半組は並んで体験。(シングルライダー、エクスプレスパスでも可)

5.前半組は体験が終わると待機場所に行き、後半組と交代

6.後半組は3でもらったカードを持って乗り場へ行く。待ち時間なしで体験。フライングダイナソーの場合は待機場所からエレベーターで上にあがるとすぐ乗り場です。

フライングダイナーをチャイルドスイッチで体験した時の様子

チャイルドスイッチのカード

スタッフにチャイルドスイッチの利用を伝えるともらえる用紙です。利用方法の説明書きがあり、

USJ

反対側に、クルーが乗る人数を記入してくれます。

USJ

↑日時の横にある「SI」っていうのはシングルライダーを利用すると伝えたのでそのことだと思います。Aグループは最初に乗るグループのこと、Bグループは後から乗るグループのことで、それぞれ人数を記入してくれます。

待機場所の様子

フライングダイナソーのチャイルドスイッチ待機場所、エントランスから入って少し前に進んだところにあります。ちょうど乗り場の真下です。待機場所は用意されていますが、クルーに聞いたところ、待機場所で待たなくても外に行っていてもかまわないそうです。後半組のグループは、外に買い物にでかけたり散歩などもできますね。

USJ
↑列ができているのがトイレ、待ち合わせ場所はその奥です。

USJ
↑壁がないため、夏は暑く冬は寒いですが、屋根はあるので雨はしのげるようになっています。
USJ
↑長めの椅子がいくつかあり、ここで座って待ちます。冬だったので風が吹いてとても寒かったです。日も当たらず
冷えるので、防寒具は必須でした。乗り場の真下なので、コースターが通るガタガタっていう音が常にしています。スピードが出ている状態ではないので爆音ではありませんが、赤ちゃんの寝かしつけするのは難しいかも?と思いました。うちの娘(生後7ヶ月)はずっと起きていたのでおもちゃで遊んでいました。

待ち時間

私たち家族が行ったのは12月23日の祝日でした。開園が8時半、9時頃にフライングダイナソーの乗り場に到着し、その時点でスタンバイが90分待ちシングルライダーが30分待ちでした。荷物と子供を旦那さんに預けて、私がシングルライダー列に並びに行きましたが、お昼にかけてどんどん人が増えて結局乗るまでには55分かかりました(汗)

フライングダイナソーに乗った感想☆

プテラノドンに捕まってそのまま空に連れていかれるという設定。
体の角度がどんどん変化し、次の動きの予想がつかずスリル満点です!とっても楽しめました!!
視界が上下左右に面白いぐらいに移り変わっていくので、余裕があれば目をしっかりあけて、パークの様子や大阪の空、海、遠くに見える景色を楽しむことをおすすめします。
フライングコースターなので足は宙ぶらりん状態ですが、体はしっかりホールドされているので胃が上にあがるような浮遊感はそんなになかったです。
終わってみればあっという間。2回、3回と乗りたいなぁって思いました…。
こんなポーズでスタートです。↓

USJ

行動スケジュール

当日の行動を時系列に振り返ると下記のようなかんじです。

AM 08:30 ユニバーサルシティ駅到着
AM 08:45 USJのエントランスに到着 チケットは持っていたが入場の列に並ぶ
AM 08:50 USJの中に入る
AM 09:05 フライングダイナソーの入り口前に到着(パークの奥の方です)
AM 09:15 シングルライダーの列に並び始める(旦那と子供は待機)
AM 10:10 フライングダイナソー乗車!
AM 10:20 旦那と交代、私は子供と待機
AM 10:25 旦那フライングダイナソー乗車!

その後は、パーク内を散歩・買い物、パレードを遠目に鑑賞、ファミリーサービス(ベビールーム)で娘の離乳食、娘が寝たすきにレストランで食事やお茶をし、16時にはパークを後にしました。

生後7カ月の娘の様子

生後7ヶ月は、腰もすわりはじめB型ベビーカーが使える時期。また生活リズムができ、どうお世話してあげたらいいかパターンがある程度把握できてくる時期でもあります。そして離乳食はまだ1回か2回のみ、万が一離乳食があげれなくても母乳やミルクでも大丈夫で、主張も出てきますがイヤイヤというほど強烈でもない。行くなら今のタイミングだ!と思いました。

ある程度人込みや、電車には慣れている状態で連れていきましたが、USJとなるとあちこちで大きな音がするし、ぬいぐるみは歩いているし、ぐずらないかな?大丈夫かな?ととても心配していました。しかし、実際行ってみると特にいつもと変わらず、デパートを買い物しているのと同じ雰囲気でした。泣いたのは、ジェットコースターの真下を通ったときにちょうど乗り物が通過し、「ガタガタガタガタ!!」と爆音がしたときに泣いた一度だけでした。(うるさくてごめんね。)

USJだからといって特別なことはなく、眠たそうにしていたら寝れるように抱っこしてあげたり、お腹がすいたら食事かミルクをあげ、ぐずったら静かな場所に移動する、しんどそうなら早く帰る、というようにいつも通りに様子をみてあげて、お世話をしてあげれば大丈夫ではないかと思いました。(あくまでも我が家の場合の感想ですが)

まとめ

ジェットコースターファンだったとしても、育児中だとなかなかテーマ―パークへ行けずにモヤモヤしているパパさんママさんは多いと思います。赤ちゃんの生活リズムがある程度落ち着いて、外出に慣れてきた頃に一度検討してみてはいかがでしょうか。0歳でのテーマパークはまだ右も左もわからない赤ちゃんにとっては特別楽しいものではなく、大人に付き合ってもらう形になるので、赤ちゃんに負担をかけないスケジュールでパーク巡りができるといいですよね。お出かけの時には、この記事を参考にしていただけると幸いです。

コメント