0歳児の赤ちゃん連れのママのための映画上映☆ママズクラブシアター

popcorn 子育て

TOHOシネマズの「ママズクラブシアター」では、赤ちゃん連れでも周囲に気兼ねなく映画を楽しめる

「ママズクラブシアター」とは

・赤ちゃん連れの人のみ入場可。

・館内の照明が、通常よりも明るく、映画の音量は通常よりも小さめに設定されている。

・赤ちゃんが泣いても、あやしてあげればOK。

・子供用シートを貸し出してくれる

・ベビーカーを預かってくれる

上記のような子育て中のパパ・ママ向けの映画上映で、各劇場月に1~3回ほど設定されているようです。

参考URL

ページが見つかりません || TOHOシネマズ
TOHOシネマズの劇場案内。

実際に行ってみた

私が行ったのはTOHOシネマズ西宮。この記事を書いている時点では1か月に1回開催されているようで、上映作品・時間が決まるとホームページに掲載されます。

時間は朝9:30から。朝といえば、赤ちゃんが一番元気な時間帯なので、準備するのも一苦労ですが、なんとか脱落せず家を出ることができました。

映画館に入ると…

チケットは対面販売のみで、予約や自動券売機での発券はできませんでした。チケット売り場に掲示されているタイムテーブルには載っていませんでした。

この日はたまたま「TOHOシネマズデイ」の14日だったので、映画料金は1,100円でした。

入場時刻になって上映シアターの方に進むと、シアターの前にスタッフの人がいて、シアターの入口前にベビーカーを置くように案内されました。

劇場内では…

赤ちゃんがモノを落としても、泣いてあやしても、お世話グッズをカバンからとることもできるぐらいの明るさです。

音量は小さめと書いてありましたが、通常と比べて極端に小さいということはなく、「言われてみれば少し静かかな?」というぐらいです。ですのでけっこうウルサイです。

やかましい映画だと赤ちゃんも気になって落ち着かないのでは?と心配していたのですが、うちの娘の場合は心配不要で、手元のおもちゃで遊んでいました。SFやアクションだとウルサイだろうなぁと思って静か目の映画を選びましたが、予告編ではジャンル問わず映像が流れるので、どの映画でも一緒です(笑)。私が行った時期はスターウォーズの予告がガンガン流れていましたが、うちの娘は意に介せず、マイペースに過ごしていました。

混雑状況ですが、、TOHOシネマズ西宮はいつもこうなのかわかりませんが、お客さんは2組のみでした。「いくら子連れOKの日でも、娘がギャン泣きしまくって迷惑かけないかな~」なんて内心心配していましたが、全くの取り越し苦労でした。しかも最初に入ったので、入った瞬間だれもおらず貸し切り状態で、「え、まじで!?」と唖然としました(^^)。最初はびっくりしましたが、気分を変えて本当に誰にも気兼ねなく見れるからイイヤということにして楽しみました。上映が始まってからもう1組入ってきたときは、なんだかホッとしましたけどね(笑)人気作品だったら、さすがにもう少しお客さんが入るのではないかと思います。

上映中は、娘は少し眠たくてグズっていましたが、抱っこ紐をつけて立ちあがってユサユサしたらすぐに眠ってくれました。もう1組の方のお子さんも途中グズっていましたが、ママさんが階段の上り下りをしながら自由にあやしていました。立ったり座ったり気にせずできるので、寝かしつけも普段通りにできました。

感想

たまたまお客さんが少なかったので、そもそも周りに気を遣う必要がなかったのですが(笑)、手元が見える明るさで、立ち歩きも自由にできるので赤ちゃんをあやしながら映画を楽しむことができました。

また、うちは生後7カ月の赤ちゃんですが、意外と音も気にならないようで、普通に遊び、昼寝をしてくれたので集中して映画を楽しむことができました。とはいえ、多少グズっても大丈夫なように、作品のチョイスはストーリーな複雑ものよりも、シンプルなもの(ドラマ、ファンタジー、アニメ、コメディなど)が良いかな、と個人的に思いました。

良いリフレッシュになりました。映画見たいけど映画館には行けないなぁ~と思っているママにはおすすめです!

コメント