0歳児と公園デビュー★まだ歩けない赤ちゃんとの公園遊び。

child 子育て

0歳児と公園で楽しむ★まだ歩けない赤ちゃんとの公園遊び。

まだたっちができない、歩けない赤ちゃんは公園デビューができず、どうしても家遊びや屋内遊びがメインになってしまいますよね。お外へ遊びに行けたら親にとっても気分転換、赤ちゃんにとってもよい刺激になります。遊び方を工夫すれば、おすわり・はいはい・つかまり立ちの時期の赤ちゃんでも、公園遊びを楽しむことができますよ!0歳児との公園での遊び方をまとめました。

ちなみに、この記事でいう公園とは、近所のごくフツーの公園を想定しています。「晴れた日にレジャーシートとお弁当とおもちゃを持ってピクニック!」的なイベントとして行く公園のことではありませんのであしからず。

0歳でも早めに公園デビューしたほうがいい?

子育てをしていて、同じ月例の子供を持つママさんパパさんたちとSNSで報交換をしていますが、「まだ歩けないけど公園で遊べるの?」「行った方がいいの?」と迷っている方が結構いました。子供の方から「公園に行きたい!」って言う年齢でもありませんので、親が方針を決めて判断することになります。

公園に行かなくても家遊びで十分楽しんでいるならそれでもいいと思いますし、ちょっとマンネリしてきたなと感じるようでしたら、天気と相談して公園におでかけしてみるのも良いと思います。

まだ公園を楽しめるかどうか不安だな~とか、まだ行きたくないな~ということであれば、無理する必要は全くなく、ママの気持ちに従ってくださいね!

おすわり、はいはいの赤ちゃんの楽しみ方

おすわり・はいはいができる赤ちゃんは、徐々に視界が広がり、周囲の景色にも興味が出てきます。まだ地面で遊ぶことはできなくても、ママが抱っこをしてあげて、一緒に遊んでみましょう!

抱っこ紐でブランコに乗る

しっかり抱っこ紐で赤ちゃんを固定して、手足が挟まらないように気を付けながらママがブランコに乗り、ゆっくりスイングしてあげます。我が家の娘は、気持ちよさそうに景色をじっと眺めていました。写真は、前向きに抱っこした状態で乗っています。

※くれぐれも安全には気を付けて、自己責任でお願いします※

抱っこで公園の緑に触れる

抱っこをして公園にある木々の近くまでいき、木や葉っぱを見せてあげます。興味を持って手を伸ばそうとしたら、木や葉っぱにタッチさせてあげます。うちの娘は、初めてさわる感触にとても喜んでいました。家の観葉植物は触られると倒れてきたらどうしよう、などと困ってしまうのですが、公園の木であれば倒れてくる心配もないし、気兼ねなく触ってもらえますよね。もちろん帰宅後は手を洗ってあげています。

一緒にベンチでお座り

ママのお膝の上に座って、一緒にベンチで日向ぼっこをするだけでも、とっても気持ちよくて気分転換になります。

遠くで誰かが遊んでいるのを一緒に眺めて静かに過ごすのも良いです。おそらく、散歩で犬が通ったりハトが近づいてきたりするので、「〇〇が来たね」、と赤ちゃんに声をかけてあげながら一緒に観察するのも楽しいです。

つかまり立ちが安定した赤ちゃん

つかまり立ちをして足の動きが安定してきたら、靴を履かせてあげて、お外でもつかまり立ちしてみてはどうでしょうか。うちの娘を初めて外で立たせたときは緊張しましたが、しっかりつかまれる場所さえあれば、意外と外でも大丈夫でした。もちろん、転ばないように横でしっかり見てあげてくださいね。

うちの娘は、8ヶ月~9ヶ月位で公園デビューしましたが、用意していたファーストシューズがまだ大きかったので、ルームシューズを外用にして履かせていました。

ベンチ付近をつかまり立ち

ベンチ下に障害物がなければ、ベンチに立たせてあげます。最初は気が気じゃなかったのですが、もともと人が座っているところなので触っても大丈夫かなと思ってやらせてみました。

慣れると楽しそうに伝い歩きをしたり、ベンチの木の間に挟まった砂粒や石を調べたり、赤ちゃんなりに充実した時間を過ごしているようでした(笑)。写真は、砂を指ですくおうとして一生懸命がんばっている娘です。

遊具の低い所を見つけてつかまり立ち

安全な場所かどうか親がしっかり見てあげた上で、つかまれそうな遊具があればつかまってもらいました。鉄やロープなど、いつもと違う触感がめずらしいのか、最初は驚いた顔をしましたが、慣れてくると叩いてみたり、手を伸ばして伝い歩きをしようとしてみたり、たくさん刺激を受けているようでした。

ただし、走ったり登ったりできる子供が遊具で遊んでいる時は赤ちゃんにぶつかってくると危ないので、遊具が空いている時のみにしていました。なので空いている平日午前中に行くことが多かったです。

まだ歩けない赤ちゃんでも、公園遊びは楽しい!

いかがでしたでしょうか。

我が家ではつかまり立ちが安定した8ヶ月ごろから公園に散歩にでかけるようになりました。最初はできることは少ないのですが、短時間でも外にでることで生活のメリハリができたり、外の空気を吸って季節を感じることで親子ともリフレッシュできると思います。

また、人と話すことに抵抗がなければ顔なじみを作るのも楽しいと思います。同じ時間帯に公園に行くと、犬の散歩をしている人や、トレーニングをしている人などいつも同じ人と会います。その中で娘が歩けるようになった頃、「本当にあんよが上手になったね、あんなに小さかったのに。」と話しかけてくれた人がいました。家族や友達ではない、地域の人に見守られていると感じて、とても嬉しい気持ちになりました。

まだ小さい赤ちゃんがいても、無理のない範囲で公園遊びを楽しんでもらえたらと思います!

コメント